記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師の当直というのは16時間にもおよぶ

銀座カラ- 大阪心斎橋店
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつと考えられます。看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいるものです。病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。